【岩座-IWAKURA-】九月九日 『重陽の節句』を祝う



九月九日

重陽の節句を祝う。

健やかな日々は、食から。


日本の四季を彩る五大節句


一年間に、五つある節句を「五節句」といいます。

旧暦9月9日の重陽(ちょうよう)の節句は、

別名「菊の節句」ともいわれ、

「不老長寿」や「無病息災」を願う五節句のひとつです。


古来より奇数は縁起が良いとされ、

その最大数である「九」が重なるこの日は、

五節句を締めくくる行事として、

最も盛んだったといわれます。


平安時代に重陽の節句が日本に伝わると、宮中行事として「菊の宴」が催されたといいます。


波佐見焼 琉璃(るり) 手造り平グイ 3,500円+税 徳利 3,300円+税[麻の葉]


この日には秋の収穫を祝い、

栗ごはんや秋茄子を食べ、

延寿を願って菊を浮かべた菊花酒を飲みます。

体調を崩しやすい季節の変わり目。

食べる事で鋭気を養い、

健やかな毎日を作りませんか。

旧暦9月9日は、2020年は10月25日にあたります。


重陽の節句を祝う
岩座のお品

この時期に、お箸を新調したり、毎日の食卓に酒器を取り入れたり

贈り物をしてみるのはいかがでしょうか。


【箸わたし】



店舗では、縁起のよい【箸】【箸置き】を各種取り揃えております。







「てなれ箸」「ささめ箸」各2,500円+税



【箸置き】

吉祥文様5客セット 5,000円+税

【KOMODARUミニ鏡開き】


元々、銘柄をアピールするツールとして
日本独特の色使いやデザインが主流だった「こも樽」や「枡」。


テーブルの上で鏡開きが楽しめるミニ鏡開きセット 7,500円+税~


四季やメッセージなどを、新しいデザインで仕上げ、カジュアルなアイテムとして国内外問わず注目されています。











【枡】


枡 ) 左から「月とうさぎ」450円+税「富士×鷹・茄子」500円+税、「さくら」450円+税

【日本の酒器】

藍色をイメージカラーとしている「岩座(いわくら)」では、「琉璃色」の酒器(波佐見焼:陶磁器)をはじめ、様々な「日本の酒器」をご用意しています。

【陶器 酒器】



【錫 酒器】
お酒が美味しい、まろやかになると
人気の「錫(すず)」の酒器。

古来より水を浄化し
飲物をまろやかにすると云われており、
近年ではビアカップやタンブラーも人気です。




【ガラス酒器】



【アニバーサリー金箔】
お酒に浮かべて、
記念日にふさわしい豪華な輝き



380円+税



部屋に菊を飾ったり、

栗ご飯を味わったり、

縁起の良い菊酒で乾杯するなど、


日本古来の文化を楽しみながら

過ごしてみてはいかがでしょうか。



※店舗によりお取り扱い品がことなります。

身に着けるなら

【菊のアクセサリー】

岩座公式オンランショップでお取り扱いございます。